今さら聞けない葬儀のお香典の金額|どのぐらい包むのが正解?

この記事の所要時間: 219

はじめに

葬儀 お香典 相場

冠婚葬祭には様々なマナーがあります。今回は葬儀の際に持参するお香典について説明します。
お香典とは、本来はお線香やお花を供えしていたものですが、現在では現金を不祝儀用ののし袋に包んだものを指します。通夜または葬儀のどちらかに持参します。
注意すべきなのはどのようなものでしょうか。

いくら包む?

葬儀 お香典 相場

お香典は一般的に血縁関係が濃いほど高額になりますが、普段の付き合いの度合いによっても金額は変わります。以前からお香典のやり取りがあれば、そのときの金額を参考にしてもよいかと思います。
葬儀 お香典 相場

お香典を包む際の注意

葬儀 お香典 相場

結婚式ほど金額について厳密ではない

結婚式の際は、「偶数は割り切れるからNG」など気をつけなければいけない点がありましたが、葬儀の際はそこまで厳密ではありません。しかし、「4」と「9」は「死」や「苦」を連想させるとして使うのは避けるようにしましょう。

新札は使わない

新札を使うと、前もってお香典を用意していたと捉えられるため、新札は使わないようにしましょう。新札しかない場合はお札を1,2回折って折り目をつけておけば大丈夫です。
ただ、新札はだめだからといって、ボロボロのお札を使うのは失礼にあたるのでやめましょう。

表書きなどは薄墨で書きます。のし袋には表書きや住所、氏名などを書く下段共に薄墨を用いて書きます。これは「涙で墨がにじんでしまいました」という意味合いがあるからです。薄墨がない場合は黒でも大丈夫ですが、普段から薄墨の筆ペンを用意しておくと便利でしょう。

のし袋選びには注意しよう!

結婚式の場合は「ご祝儀袋」であればあまり注意事はありませんでしたが、葬儀の場合は亡くなった方の宗派やお香典を持っていく時期によって表書きが異なるので、十分注意が必要です。

仏教・仏式

葬儀 お香典 相場

水引が白黒、双銀の結び切り
蓮の花の絵
表書き:「御霊前」「御香料」「御香典」

キリスト教式

葬儀 お香典 相場

ユリの花や十字架の絵
表書き:「御霊前」「御花料」

神式

葬儀 お香典 相場

水引が白黒、双銀
無地
表書き:「御霊前」「御玉串料」「御榊料」

わからない場合

葬儀 お香典 相場

水引が白黒、双銀の結び切り
蓮の花はNG
表書き:「御霊前」

「御仏前」「御佛前」は四十九日法要以降につかう表書きです。葬儀や通夜では用いないように気をつけましょう。

おわりに

葬儀 お香典 相場

いかがでしょうか。意外と知らなかったこともあったのではないでしょうか?
冠婚葬祭のマナーは、社会の一員として身につけたいですよね。恥をかかないためにも、しっかり覚えておきたいものです。

参考HP
http://www.冠婚葬祭お金.net/01sougi.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet