相場はいくら?意外に知らない結婚式のご祝儀あれこれ

この記事の所要時間: 38

はじめに

結婚式 ご祝儀 相場

結婚式というと、様々なマナーや慣例があります。招待客を一番悩ますのが、ご祝儀に包む金額ではないでしょうか。今回はそのご祝儀の相場についてまとめてみました。

ご祝儀の一般的な相場は?

結婚式 ご祝儀 相場

結婚式のお祝いといえば、ご祝儀ですよね。ご祝儀というのは現金をのし袋に入れて当日に受付で渡すものです。ここで注意したいのがのし袋の種類。結婚式の場合は「結びきり」という水引が付いたものを使用します。これには何度も繰り返さないという意味が込められています。
では、一般的なご祝儀の相場をみていきましょう。
結婚式 ご祝儀 相場

お祝い事とはいえ、意外にお金がかかりますよね。結婚式が重なってしまうと、なかなかの負担にもなります。しかし、待ってもらうこともできないし、少なめに包むこともできないのがご祝儀です。このため「結婚式」を理由にキャッシング利用する人も少なくありません。

ご祝儀を包む際に注意したいこと

結婚式 ご祝儀 相場

ご祝儀についてはいくつか気をつけたいことがあります。

金額は奇数が基本!

割り切れる偶数は「別れる」という意味をもち、慶時(お祝い事)には避けられ、奇数になるように包むのが基本となっています。ただし、現在は「2」を「ペア」と考えることもあり、2万円でも良いとされています。でもやはり偶数は…と気になる場合は、1万円札が1枚、5千円札が2枚とお札の数を奇数にして包む方法もあります。

ご祝儀には新札を包む

ご祝儀には新札、つまりピン札を包むことが慣例となっています。今は銀行の窓口でなくても、ATMで新札の両替または引き出しもできるようになっているので、事前に用意しておきましょう。どうしても用意できなかった場合は、少しでもきれいなお札を包むようにします。

会費制の披露宴に出席する場合

最近多いのが会費制の披露宴です。包む金額に悩まなくていいメリットもありますが、新郎新婦との関係によっては会費以外にプレゼントを用意しても良いかと思います。ただし、このプレゼントを渡すのは当日ではなく、挙式前後に当人達の都合にあわせて贈るのが良いでしょう。当日に渡すと荷物になってしまい、お祝い事なのに迷惑にもなりかねません。また、カップルによっては挙式前に引越をしたり、挙式後すぐに新婚旅行に出発する場合もあるので、贈る時期は調整する必要があります。

仲間で列席する場合

結婚式には同僚や友人達と列席する場合も多いかと思います。このような場合は、仲間内でご祝儀の金額を事前に統一しておいたほうが無難でしょう。

夫婦で出席する場合

単純に2人出席するから、ご祝儀も×2というのはいけません。先に述べたように金額は避けたほうがよいとされる偶数になるし、四や六という数字は結婚式にはご法度です。このような場合、1人2万円と考えたとき「2人で3万円とプレゼント」、1人3万円と考えたとき 「2人で5万円とプレゼント」といったようにプレゼントで金額調整してもよいと思います。新郎新婦と親戚の場合は2人で10万円が相場です。10というのは偶数ではありますが、慣例的には問題ないとされています。

会場が豪華な場合

いろいろ相場について述べてきましたが、披露宴会場が豪華な場合相場にしたがってご祝儀を包むと「少なかったかなぁ」と失敗することもあるでしょう。招待状をいただいたら披露宴会場がどのような所なのかを調べて、ご祝儀の金額を考えても良いかと思います。

おわりに

結婚式 ご祝儀 相場
いかがでしょうか。知っているようで知らないご祝儀には、想像以上に注意すべきことがありますね。お祝いしているつもりが、実はマナー違反だったということがないように気をつけていきましょう。

参考HP
http://www.結婚お祝い.net/

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet