光熱費を節約する習慣付けのコツ|生活様式に合わせ変化を起こそう!

この記事の所要時間: 53

光熱費

はじめに

光熱費の節約を心掛けて生活している人は多くいらっしゃると思います。
特にあの大きな震災があってから電気代を始めとした光熱費に敏感になっていませんか?
その光熱費の節約、「なんとなくやっている」「どのくらい減ったのかわからない」という人、いませんか?

光熱費を節約するためのマインド

光熱費
やはり、光熱費を節約するにしても目標・目的・効果というのが明らかになっていないとやる気はだんだんなくなっていくものです。
でも、ちょっと頑張って光熱費の数値チェックを毎日の習慣にしておくことでやる気は必ず持続できます。
まずは月に1回(水道は2ヶ月に1回)届けられる電気・ガス・水道の光熱費の数値、ちゃんと頭に入っていますか?
季節が違えば、この光熱費の数値はかなり違います。
例えば、夏と冬の電気代を問われた時、すぐに答えることができますか。

光熱費を節約する第一歩はまず、「己を知ること」です。生活スタイルは人それぞれ、世帯の人数の違いや、年齢性別の違いでも数値に影響が出ます。
自分と違う生活環境での数ではなく、「自分の数」をまず把握しましょう。そこから目標・目的が導き出され、確かな効果が現れてきます。
では、具体的になにをするのかというと
月々の光熱費の使用料の用紙を目につくところに貼っておきます。例えば、ドアや冷蔵庫などにマグネットで貼り付けるのが良いでしょう。
光熱費

そして、毎日各光熱費のメーターをチェックし、
検針日からの使用量を計算します。
さらに日数で割り一日の光熱費の平均使用量を、さらにそこから一カ月分(30日分)の使用量を計算します。
光熱費

ある主婦の光熱費節約の体験談

光熱費
我が家は、マンションなのでドアを開けてすぐのところに全ての光熱費のメーターがあります。
家を出る際に、光熱費のメーターの数値をチェックします。
少しめんどくさいと思うこともありますが、ちょっと頑張って毎日ほぼ同じ時間に一日一度は見るようにしています。
毎日の日課にしていると色々なことが見えてきて、癖になります。
時々、ずれた時間に光熱費のメーターを見ると、特に電気に関しては、どの時間帯に多く使われているのかに気づくことができます。同時に、どの家電が電気をたくさん使うのかもわかってきます。
ここから効率の良い、具体的な節約ポイントが一つ見えてくるのです。例えば、ある時間帯はエアコンの設定温度を変えたり、または無理のない範囲で家族そろってリビングで過ごすようにしたり。闇雲なやり方ではなく、生活スタイルにあったより良い節約方法が見つかるはずです。
この冬は、お風呂の残り湯を最大限に再利用することに努めている私です。
水道は2カ月に一度の検針なのですが、こちらも日々のメーターチェックでちょっと早めに効果を実感することができました。
結果として、前年同時期分と比べ4㎥(1500円ほど)使用料が減っていました。
そして、ガスにおいては、お風呂で誰が一番お湯を使っているのが夫だとわかり、夫が入る前にお湯の設定温度を一度下げることにしました。
すると、前年同月分に比べ12㎥(1000円ほど)の節約に成功することが出来ました。

1月分のガス水道の光熱費は前年よりも減っているのですが、実は電気の光熱費が逆に70kWh(2000円ほど)上がってしまいました。その理由は受験生がいるからです。
さすがに受験生にストレスを感じさせるような節約はできないので電気代が上がるのは前もって予想できていました。
その上で、ガス水道でその分をカバーしようと目標設定していたわけです。

エアコンが必要ない季節だと一日あたり6~7kWhの電気使用量ですので、受験が終わったら5kWhを目指して頑張ろうと今から節電方法を考えています。エアコンが必要ない季節は過ごしやすい時期なので無理なく頑張るのも可能だったりします。

このように、それぞれの生活スタイルにあった節約方法を見つけるためにも日々のメーターチェックを習慣にしてみてください。きっと良い結果が出ます!

最後に

さあ、今回ご紹介した光熱費の節約記事はいかがだったでしょうか。
SNSでの共有をよろしくお願いいたします。
節約全般のマインドもこちらで紹介しています。

節約に興味がおありなら

家計簿をつけることで、家庭のお金の流れを把握することが出来ます。「先月の光熱費はいくらだった」「食費はいくらだった」「先月で、一番大きかった出費はいくらだろう」「来月に回せるお金はいくら残るだろうか」と言った様なものが一瞬で把握出来たら、便利ではないですか?

家計簿が続かない人へ

いちいち、自分で入力するのは手間がかかりますよね。そんなに時間も掛けたくない気持ちはわかります。
今、レシートを送るだけで、グラフ等を表示してくれるサービスが登場しているのをご存知ですか?
「でも、機械だから誤認識あるでしょ?」
精度は97%を超えるものが多く出ているものの、確かに間違いはあります。
そこで、人にやってもらえるサービスがあるんです。
しかも、無料です。
個人情報が流れるから心配だという声もありますよね。
個人情報と入力してくれる人は切り離すため、漏洩の心配が全くないサービスがあるんです。
それが、まさかの人力家計簿Dr.Walletです。
詳しくは、当サイトに掲載してあるバナーをクリックして頂ければ、詳しいサービス概要を見ることが出来ます。
現在では、様々なメディアで取り上げられ、女性の方に多くご利用頂いております。
是非、一度ご利用頂けると、幸いです。

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後も光熱費の節約の様な節約情報やお得情報、お金に関する雑学を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet