つらい花粉症にお悩みの方へ!医療費を少しでもお得にする方法とは

はじめに

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品
冬の寒さが和らいで陽気もあたたかくなってくると、いよいよ春到来ですね。春は年度も改まり、新しいことがいろいろと始まる季節でもあり、気分もうきうきと上がり気味…ともいえないのが花粉症の存在。
花粉症もちの人にとっては、手放しに喜べない季節でもあります。花粉症対策をするには、薬・マスク・眼鏡・保湿ティッシュといろいろと費用がかさみますよね。
ちょっとでも安く済ませる方法はあるのでしょうか。

医療機関で処方される薬と同じ成分の市販薬

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品
花粉症の薬を最も安く手に入れるには、やはり医療機関で保険適応の薬を処方してもらうのが一番です。けれども、フルタイムで働いていたりすると休みの日に患者であふれかえる耳鼻咽喉科にいき、長時間待たされるのも大変…。
最近では病院で処方される薬と同じ成分のものが市販薬として販売されているので、長時間並ばずとも薬局で手軽に買うこともできます。

病院で処方されている薬と同じ成分を含む、代表的な市販薬を5つご紹介します。

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品

アレジオン10とスカイナーALは、薬局はもちろん、通販でも購入が可能です。他の3つは、薬局で薬剤師と対面のもとで購入できます。

便利な市販薬はコストパフォーマンスが高め

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品
医療機関を受診するよりもはるかに手軽に購入できるのが市販薬の魅力ですが、コストパフォーマンスはどうなのでしょうか。
アレグラFxで計算してみましょう。
1シーズンを2月中旬からゴールデンウィークまでの12週間(84日)とすると、必要となるアレグラFxは6箱。
1980円×6箱=11,880円
これに点鼻薬や目薬、マスク、保湿ティッシュなども加えると、1シーズンだけで花粉症対策に総額2万円以上かかることになってしまいます。

花粉症の薬は医療費として申告可能!!

花粉症の薬を1シーズン使うとなると、結構な額になってしまうのがわかりました。しかしこの薬、実は「医療費」として確定申告をすると医療費控除の対象となるのをご存知ですか?
医療費として認められるものは薬事法で「医薬品」と認められているものになります。つまり、市販薬のパッケージに「医薬品」と記載されていれば対象となるのです。飲み薬だけでなく、目薬、うがい薬も同様です。
医療費控除をうけるためには「医療費」が世帯全体で年間10万を超える場合、自分で申告する必要があります。年間10万なんて…と思うかもしれませんが、案外積み重なっているものなので薬局のレシートはしっかり保管しておきましょう。

少しでも医療費を安く抑えるには…

空気清浄機を置く。

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品
室内だけでも花粉がなければ、薬もマスクも必要ありませんね。そこで、空気清浄機をおいてみてはいかがでしょうか。
ダイキンの「光速ストリーマ」はメーカーの中でも群を抜いて高機能な空気清浄機です。

  • 「フィルター」+「電気集塵」を採用
    フィルターが花粉などで目詰まりしないので、年数が経っても性能がおちにくいです。
  • ストリーマ放電によって有害物質を分解
    アレル物質を芯からバラバラにするため、毒性を失います。
  • エアコンのフィルターが汚れにくい上に、音も静か

気になる電気代は、24時間使用しても1日5~6円と経済的です。

乳酸菌サプリで免疫力強化。

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品
乳酸菌には、免疫機能に重要な働きをする善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。腸内環境が正常になれば、異常なアレルギー反応を防いでくれます。しかし、薬のように即効性はありません。体質改善をはかるには、花粉シーズンだけではなく、年間継続して飲む必要があります。

また、サプリだけでなく、KW乳酸菌やL92乳酸菌が含まれるヨーグルトでも同様の効果が期待できます。

例)
明治のR-1シリーズ 小岩井のKW乳酸菌ヨーグルト

お茶を飲む

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品
花粉症対策として代表的な飲み物に、甜茶があります。甜茶にはGODポリフェノールが含まれ、アレルギーのもとになるヒスタミンを抑えてくれます。また、甘みがありカフェインも含まれていないので、妊婦さんや小さな子どもにもおすすめです。

他にも、カテキンを含む緑茶や、口臭対策として有名になった「なた豆茶」も効果があるといわれています。ただし、お茶もサプリメントと同様で、飲み続けることが必要となります。

おわりに

花粉症 医療費 節約 対策 市販薬 食品
いかがでしたか?国民病ともいわれる花粉症対策は毎年頭を悩ませますね。
医薬品に頼るだけでなく、根本の体質を改善することで、少しずつでも症状を緩和することが医療費を安くすませる近道かもしれません。花粉症とうまく付き合いながら、春を楽しみましょう。

参考HP
http://happylalastyle.net/archives/1970/
http://ecoeco-taizen.com/?s=%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87