気になる主婦のおこづかい事情は?使いすぎにご用心!!

この記事の所要時間: 147

◆はじめに

主婦 おこづかい 節約
主婦のみなさん、1か月のおこづかいはいくらですか?お仕事をされているかどうかによっても、おこづかいの金額は違うと思います。しかも、はっきりと金額を決めている人は少ないのではないでしょうか。
おこづかいといっても、実際には雑誌や洋服、ママ友とのランチなどを生活費から出している人が多いかもしれません。

しかし、それでは知らず知らずのうちに使いすぎてしまいます。主婦も夫や子供と同じように、1か月のおこづかい金額を決めた方が使いすぎを防止でき、節約につながるのです。

◆現状は?

主婦 おこづかい 節約

おこづかい金額を決めていない主婦は、1ヶ月にいくら使っているのでしょう?
博報堂の調査によると、フルタイムで働く主婦が26,725円パート主婦が15,562円専業主婦が14,942円でした。
やはり、働いている主婦のほうが、自由に使えるお金は多いようです。

◆金額設定

主婦 おこづかい 節約

では、おこづかいをいくらにすればいいのでしょうか。

ファイナンシャルプランナーによると、おこづかいは手取り収入の3%が妥当だと言われています。
手取り収入が30万円の家庭なら、主婦のおこづかいは9,000円です。この中で、上手にやりくりをすることが、家計の節約につながります。

これまで生活費からちょこちょこ出していた、自分のための出費をまとめてみましょう。いくら使ったかが明確になり、家計の管理もしやすくなるのです。

◆おわりに

主婦 おこづかい 節約

何事も頑張り過ぎてしまうと、しわ寄せがきます。節約も楽しみながらできなければ長続きしません。

はじめは3%のおこづかいも、貯金がしっかりできて、生活費に余裕が出てきたら、4%に上げても良いのです。
その中で、ときには少しいい服を買ったり、ママ友とおいしいものを食べに行ったり、上手に使えるようになればいいですね。

自分のために使える金額を決めて、だらだらと無駄買いしないようにだけ、気をつけましょう。

 

参考:
http://allabout.co.jp/gm/gc/11824/2/

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet