これで寒~い冬でも安心!!簡単にできるガス代の節約法

この記事の所要時間: 21

はじめに

ガス代  光熱費 節約 調理 お風呂

家で使うガスの代表的なものはコンロと給湯です。冬場は煮込み料理が増えたり、食器洗いにお湯を使ったりすることが多くなります。また、湯船につかる時間が長くなるので、保温や自動にしているとあっという間にガス代が高くなってしまいますよね。冬は、ポストに入った検針票を見てびっくりされる方も多いと思います。
そこで今回は、ガス代を少しでも安くするための簡単な方法をご紹介します。

調理するときは中火で

ガス代  光熱費 節約 調理 お風呂

鍋の底面からはみ出た火は無駄になります。じゃあ弱火が良いのか?実はそんなことはありません。弱火だと火が通るまでに時間がかかり、結果ガスを多く使うことになるのです。

1番ガス代節約に適しているのは中火です。鍋の大きさに合わせて調整しながら中火を心がけましょう。

最もガスを使うのは給湯

ガス代  光熱費 節約 調理 お風呂

4人家族の場合、夏は3000円~4000円ほどのガス代が、冬には1万円を超えることもあります。

寒くなり、お風呂に長時間入ったり追い炊きを何度もしたりするのが原因です。しかし寒い冬にお風呂を我慢するなんてしたくありませんよね。

なるべく追い炊きをしなくて済むように、家族が続けて入るようにしましょう。湯船につかっている間、半分だけふたを閉めるのも湯が冷めるのを遅らせる良い方法です。

食器洗いはぬるめの湯を使う

ガス代  光熱費 節約 調理 お風呂
お湯を使わずに食器洗いをするのは節約になりますが、ゴム手袋をつけても水で洗うのは冷たいですよね。

設定温度を1番低くしてみましょう。お風呂で37度だとぬるいですが、食器洗いには十分な温度です。低く設定するだけでガス代の節約になります。

おわりに

ガス代  光熱費 節約 調理 お風呂

小さな節約でも毎日繰り返せば、一冬で見ると結構な額になるものです。無理のない範囲でがんばりましょう。

http://kuchiran.jp/ct/saving7.html

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet