エコな生活VSよくある生活スタイル|それぞれを一生コスト比較!

この記事の所要時間: 24

エコ
イギリスのサイトpaydayloan.co.ukが発表しているインフォグラフィックスを今回は、ご紹介したいと思います。
これは、エコな生活を送る人の一生と、通常の生活スタイルを送る人の一生のうちに掛かる様々な費用を比較したものです。
詳しくは、図を見て頂ければ良いので、気になったところを抜粋してお話したいと思います。
エコ

おむつ

おむつ

紙おむつを使用し始めてから、おむつが取れる平均年齢に達するまでの費用。
使い捨て紙おむつを購入し続ける場合に掛かるコストは、
約1万6600円
布おむつを利用する場合、
約3万5000円

授乳

授乳

離乳食に移るまでの費用。
粉ミルクを使用する場合、
約13万円
母乳を上げる場合、
約2万円(専用ブラジャーやポンプ、軟膏などの初期費用)

時間の潰し方

外で遊ぶ

大学に進むまでの期間。
テレビを見て過ごす場合、
約14万7800円(6歳から11歳の子どもは1週間に平均38時間テレビを見る)
公園など、外で遊ぶ場合、
無料

ビールの購入方法

ビール樽

24缶入りのものを定期的に4年間買うとして、
約11万7100円
同じ量をビール樽で購入した場合、
約8万5800円

家族でのお出かけ

キャンプ

子どもが二人いる設定
2日間キャンプ(テント、寝袋、入場料(使用料)など込み)で、
約1万8500円(20年分を1回あたりに割った計算)
2日間テーマパーク(入場料、ホテル代など込み)で、
約8万8400円(同上)

結果

比べる対象が極端なものもありましたが、電気代や健康などに気を使うエコな生活を心がければ、約730万円も節約につながるみたいですね
赤ちゃんを育てるときは、母乳から。
そして、おむつの違いでこんなに差が出るとは。
山登りなどの外での活動を増やせば少し節約に繋がるかも。
ガソリンはハイブリッドにした方が大きく節約に。
などなど、色々な考えが生まれる参考になれば、幸いです。

本サイトと弊社サービスのご紹介

本サイトでは、今後もこのようなお金に関する雑学や、節約情報・お得情報を掲載していきます。
また、無料家計簿アプリDr.Walletでは、あなたの家計の収支を見やすく表示します。是非、一度ご利用下さい!
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet