もうマズイとは言わせない!水っぽい”ハズレかぼちゃ”救済レシピ

この記事の所要時間: 454

はじめに

かぼちゃ レシピ 水っぽい ハズレ 使い切る

秋から冬にかけては、かぼちゃが美味しい季節ですね。

実は、かぼちゃは夏に収穫のピークを迎える野菜。
しかし、固い皮のおかげで貯蔵性が高く、保存方法の少ない時代には野菜の採れなくなる冬に食べることが多かったそうです。

また、貯蔵によって甘みが増すといった利点や、「冬至に食べると風邪をひかない」と言われるようにβカロチンなど抵抗力を高める栄養素を含んでいることも、かぼちゃの食べごろは秋~冬とされる理由です。

しかし、食べ頃とはいえ、調理してみたら水っぽい・甘くないなど、”ハズレかぼちゃ”に当たる確率も意外に高いもの。

こういったかぼちゃは使い切るのが難しく、持て余してしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは?

そこで今回は、”ハズレかぼちゃ”を美味しく食べるための救済レシピをご紹介したいと思います

かぼちゃが水っぽいのはなぜ?

かぼちゃ レシピ 水っぽい ハズレ 使い切る

かぼちゃを収穫してすぐに食べず貯蔵するのは、水分を抜くという目的もあります。

かぼちゃは十分に完熟していなかったり、収穫適期であってもとれたてのものは、水っぽい・甘味が少ないなど一般的にあまり美味しくないのだそうです。

完熟した美味しいかぼちゃかどうかは、「皮が固い」「ずっしりと重い」「果肉の色が濃く、ぎっしり詰まっている」「種がぷっくり太っている」「軸が太く、乾いてコルク状になっている」などの点をポイントに選ぶと良いと言われています。

しかし、それでも”ハズレかぼちゃ”にあたってしまった時には、次項からご紹介する裏ワザや救済レシピを参考にしてみてくださいね。

どんなかぼちゃもホクホク!?ベチャベチャかぼちゃの水分を飛ばす裏ワザ

こちらでご紹介するのは、茹でてから水分を飛ばす方法です。
粉吹き芋を作る要領で、とっても簡単にできますよ。

  1. かぼちゃを3~4cm大に切る。
  2. 皮を下にして、鍋に敷き詰める。
  3. 水を1.5cmほど入れる。
  4. 蓋をして、初めは中火・沸騰後は弱火で約10分煮る。
    途中で水がなくなった場合は足す。
  5. 10分後に蓋を取り、水が5mm以上ある場合は少し水を捨てる。
  6. 超弱火で、鍋に残った水分を10~12分かけてゆっくり飛ばす。
    焦げやすいので、時々鍋を軽く揺するか杓文字などでかぼちゃを動かす。
  7. 火を消したら、鍋に入れたまましばらく置いておく。
    そうするとさらに水分が飛んでホクホクのかぼちゃに!!

かぼちゃ レシピ 水っぽい ハズレ 使い切る
(出典:猫山日記

この方法で、多くのかぼちゃがホクホク食感になるそうですが、それでも水っぽい場合は次項からご紹介する救済レシピを試してみてくださいね。

ハズレかぼちゃ救済レシピ① スープ編

かぼちゃ レシピ 水っぽい ハズレ 使い切る
(出典:cookpad

水っぽさを逆手に取れば、寒い冬に嬉しいあったかスープに。
チーズをたっぷり加えることで、コクが増します。

材料(2~3人分)

かぼちゃ 1/4個、玉ねぎ 1/4個、バター 5g、コンソメ 1個
水 100cc、牛乳 300cc、パルメザンチーズ 大さじ2、とろけるチーズ 50g~
塩・こしょう 適量

作り方

①かぼちゃは適当な大きさに切り、串が通るまでレンジで加熱する。
飾り用に数切れ残しておくとよい。
②玉ねぎは薄切りにしてバターで炒め、水とコンソメで軽く煮る。
③①と②をミキサーにかけ、なめらかになったら鍋に戻して牛乳を入れ温める。
④チーズを加え、溶けるまでゆっくり混ぜる。
⑤塩コショウで味を調えて器に注ぐ。
飾り用のかぼちゃ、お好みでパルメザンチーズをのせて完成。

ハズレかぼちゃ救済レシピ② サラダ編

かぼちゃ レシピ 水っぽい ハズレ 使い切る
(出典:cookpad

秋の味覚が盛り沢山のサラダ。
さつまいもを加えることで、水っぽいという短所を補ってくれます。

材料(2人分~)

かぼちゃ 80g程度、さつまいも100g程度、ゆで卵 1個
マヨネーズ 大さじ1、酢 小さじ1、サラダ油 小さじ1/2、塩 ひとつまみ

作り方

①さつまいもは皮を剥き、角切りにして水につける。かぼちゃも角切り。
水が白くなったら、水からあげる。
②耐熱容器に①を入れ、ふんわりラップをして600Wで5分加熱。
③熱いうちに酢、サラダ油、塩を加えて混ぜる。お好みで潰してもOK。
④ゆで卵を手で潰しながら加え、マヨネーズを混ぜて完成。

ポイント
・余分にでんぷんが流れないよう、さつまいもは水が白くなったらすぐ取り出す。
・③で調味料を加えておくことで、少ないマヨネーズでも美味しく仕上がります。

ハズレかぼちゃ救済レシピ③ スイーツ編

かぼちゃ レシピ 水っぽい ハズレ 使い切る
(出典:cookpad

材料はたったの3つ、その秘密はなんとマシュマロ!!
節約派さんにも嬉しいプリンのレシピです。

材料(小さめ8個分)

かぼちゃ250~300g、牛乳 300g、マシュマロ 110g

作り方

①かぼちゃを小さく切って耐熱容器に入れ、蓋をしてレンジで4~7分加熱。
②マッシャーなどで潰して牛乳を加え、ざるで濾しながら鍋に入れる。
③鍋を火にかけ、マシュマロを加えてよく溶かす。
④すべて溶けたら容器に注いで粗熱を取り、冷蔵庫で半日冷やす。
ゆすってもプルプルしなくなったら完成。

ポイント
牛乳は濃度が高いほど、仕上がりが濃厚な味わいになります。

おわりに

かぼちゃ レシピ 水っぽい ハズレ 使い切る

いかがでしたか?

水っぽいかぼちゃはどう料理してもあまり美味しく感じられないものですが、食材を使い切れずに捨ててしまうのは、節約だけでなくエコの観点からもNG。

しかし、救済レシピを知っておけば、ほんのひと手間で絶品おかずやスイーツに変身させることができます。

もう”ハズレかぼちゃ”にあたっても、がっかりすることはありません!
皆さんもぜひ試してみてくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet