余っても大丈夫!未使用・書き損じ年賀状の有効活用教えます

この記事の所要時間: 414

はじめに

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

もしものために余分に買ってしまう年賀状。今年のもの、昨年のもの、いつもあまりができて、結構な数になっていませんか?

期間限定の年賀状ハガキ、実はいろいろな対処法があり、使い方によっては人助けにも。ここでは、そんな方法をご紹介します。

未使用の過去の年賀ハガキは、切手、普通郵便ハガキへの交換が可能

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

郵便局などでは現金での払い戻しはしませんが、切手や普通郵便ハガキなどと交換ができます。手数料は1枚につき5円、10枚のハガキなら、50円です。ただし手数料は交換品との差し引きはできないので、現金、または切手などでの支払いをしましょう。
http://nanapi.jp/921/

懸賞の応募に使える

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

数が少ないのでわざわざ交換しに行くのも面倒くさい、少しでも手数料を払うのがいや、という方は、懸賞の応募ハガキとして活用しては。これなら、無駄にならず使い切れます。

年賀ハガキは、通常のハガキ同様に使えます。12月の年賀状取扱期間は避けた方がよいですが、もし使用する場合は「年賀」と書かれた部分を線で消しましょう。そうしないと元旦に届いてしまいます。

すでに印刷されていても無料で交換できる場合

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

近親者の不幸による服喪のため、不要になってしまった年賀はがき、年賀切手に関しては、無料交換が可能です。ただし期間は12月頃の発売日からその年の28日まで。服喪の旨を伝え、所定の請求書で手続きをします。
http://allabout.co.jp/gm/gc/58845/2/

その他、郵便局、日本郵便株式会社で扱っている交換品、無料交換などの案内がありますので、参考にしてみてください。
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/

切手に変えるといろいろ活用できる

ゆうパック

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

手紙も書かないので切手もハガキもいらないというあなた。ならば、全て切手にしてしまうと言う手もあります。ゆうパックなどは切手での支払いも可能ですから、荷物を送る際に使用できますよ。
http://allabout.co.jp/gm/gc/58845/2/

金券ショップ

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

金券ショップへ切手を持って行くと、現金と交換してくれます。買い取るショップにもよりますが、だいたい60~90%くらいの金額で買い取ってくれるようです。ただしショップによっては扱わないところもありますので、確認してくださいね。
http://okwave.jp/qa/q1845692.html

寄付をするのもひとつの有効活用!

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

不要になった未使用切手、ハガキ、書き損じのハガキなど、福祉団体もハガキの寄付を求めています。集めたハガキで切手シートに交換して、専門業者で現金化します。私たちが不要と思っていたものが、活動資金の一部を担っているわけですね。一部を紹介しますので、参考になさってください。

■特定非営利活動法人シャプラニール 
バングラディッシュの働く少女達への支援活動を行います。
http://www.shaplaneer.org/sutenai/hagaki.html

■チャイルド・ファン・ジャパン
ネパールやフィリピンなどの発展途上国の子供達を支援する活動です。こちらは未使用のハガキ、切手のみを扱っています。
http://www.childfund.or.jp/

■公益財団法人東日本盲導犬協会
盲導犬を育成するための団体です。書き損じのハガキ以外にも、コピー用紙や洗剤などの消耗品、バザー用品など、不要になったものの寄付を募っています。
http://www.guide-dog.jp/support/donation-commodity/

■ユネスコ
世界中の子供達の教育活動、地域の整備活動などを支援する、よく知られた団体ですね。日本でも、東日本大震災などの復興事業活動を行っています。はがきもその資金の一部として使用されます。
http://www.unesco.or.jp/support/donate/near/

■あしなが育英会
親を病気や事故などで亡くした子供達の進学を支援する「あしなが育英会」。日本だけでなく、各国の遺児家庭との交流なども行っています。
http://www.ashinaga.org/faq.html

おわりに

はがき 年賀状 交換 買い取り 寄付 活用

インターネットやスマホが普及した今でも、挨拶やたしなみとして年賀状は定着しています。年賀状だけでなく、ハガキなどをもらえるのはやっぱりうれしいですよね。普段書かないという方も、たまにはハガキで気持ちを伝えてみましょう。書き損じても、使い道はありますからね。

このほかにも郵便物、ハガキなどに関する記事をご紹介していますので、ぜひご覧になってください。
■政治家の方は利用禁止! 郵便物を安く投函するための「裏技」

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet