あなたのカードは大丈夫?増え続ける不正使用から個人情報を守れ!

この記事の所要時間: 419

はじめに

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング

クレジットカードも今は生活に浸透して、店舗でもネット上でも、便利な支払い方法となっています。
誰もが一枚は持っているのではないでしょうか。

でも、カード番号を読み取られるなど、不正使用の例が後を絶ちません。
カードを悪用されないようにするため、カード会社も手を尽くしていますが、残念ながら今のところすべてを制御するのは難しい状態です。

ここではカードの被害や補償に関する知識を学んで、あなた自身の資産と個人情報を守りましょう。

カード本体がなくても不正使用は可能

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング

クレジットカードは、カード番号さえ分かればカード本体がなくても利用できてしまいます。お店などで支払いの際、何らかの方法でクレジットカード番号を取得するケースです。

例えば、レジのテーブルが高すぎる、置物などが雑多に置いてあるなど、カード支払いの状況が見えにくいレジには、注意しましょう。

すでにみんなが知っている、それでも絶えないフィッシング詐欺

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング

カード会社などを装い、クレジットカード番号や暗証番号などの更新などと称し、ホームページや電子メールを利用して個人情報を引き出す手口がフィッシング詐欺です。
リンク先で本物そっくりのサイトページに見せかけているので、信用してしまうかもしれません。

銀行やカード会社では個人情報の提示を促すことは絶対にありませんので、もしそのようなメールが届いた場合は、慌てずに内容をよく確認した上で、カード会社に問い合わせましょう。

もし不正に利用されてしまったら

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング

気がついた時点で、できるだけ早くクレジット会社に連絡し、使用停止、再発行の手続きをします。各会社の受付番号(コールセンター)などを控えておくとよいですね。

注意したいのが、カードの裏面には必ず署名をすること。署名がないと、カード会社によっては不正利用の補償をしてくれないところがあります。

また、暗証番号が名義人の生年月日、電話番号など、簡単に情報が引き出せてしまうケースなどは、所有者に過失があると見なされ、補償されない場合もあるそうです。クレジットカードの種類によっても違いますから、利用規約や、問い合わせなどで確認しましょう。

インターネット被害は補償対象外!

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング

通常のクレジットカードは、インターネットにおける不正使用は補償の対象外になっています。
ネットショッピングなどをよく利用する方は、専用のネット不正利用補償付きのクレジットカードを使用することをお勧めします。

ネットバンクで急増する不正送金

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング 不正送金
銀行取引をネット上で行うネットバンキング、金利もよく使い勝手のよい便利なシステムです。でも、こちらも不正送金が後を絶ちません。

ネットバンキングの不正送金に関する被害は、個人口座よりも、法人名義が増えているため被害総額が大きくなっていますが、実は日本での被害検出件数が世界の8割を占めている事が判明しています。世界からも集中的に狙われているので、ネットバンクをお持ちの方は十分な管理の下で行いましょう。

インターネット支払い、ネットバンキングで気をつけたいこと

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング

まず、不正利用などがないか必ず明細書をチェックしましょう。支払いが見えないところで行われているため、不正利用に気づかない場合もあります。

もうひとつ気をつけたいのが、カード番号、有効期限、暗証番号など、絶対にメモに残さないこと、カードは名義人以外には絶対に渡さないことです。

ネットバンキングの場合は、なるべく長い、複雑なパスワードを使いましょう。言葉や文章ではなく、意味不明でランダムな文字であれば、読み取りが困難になります。

そして当たり前のことですが、絶対に他人にはしゃべらない、メモを人の目につくところに残さないことが大切です。もちろん、ウィルス対策も必須です。

心に鍵を

クレジットカード 不正使用  フィッシング詐欺 不正利用補償付き ネットバンキング

クレジットカードでの支払いは、現金を渡さないのでどうしても人任せ、他人事になってしまいがち。カード不正使用などの詐欺行為は、人の心のちょっとしたスキをついてきます。
店舗はもちろん、ネットショップ、インターネットバンキングを行う際も、情報が漏れないよう常に心がけ、不審な状況に目を光らせておくことが、最大の防御になるかもしれませんね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet