アレンジ多彩でコスパ最高!美容効果もある万能調味料「塩レモン」を作ろう

この記事の所要時間: 759

はじめに

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
皆さんは、最近雑誌やTVなどの各メディアで話題になっている”塩レモン”という調味料をご存知ですか?

塩レモンとは、その名前のとおりレモンを塩漬けにしたもので、中東やフランスではお馴染みの調味料。

少ない材料で簡単に作れて、様々な料理に使うことができるだけでなく、実は女性に嬉しい美容効果も持っています。

今回は塩レモンの持つ効果やご家庭での作り方のコツ、活用レシピなどをご紹介していきたいと思いますので、ぜひ皆さんも取り入れてみてください。

レモンの力でダイエット&美肌!塩レモンの持つ効果とは?

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC

塩レモンには、ダイエットや美肌といった、女性にとっては非常に嬉しい美容効果があります。

①乳酸菌でスッキリ!美腸効果

前述のとおり、塩レモンはレモンを塩漬けにしたものなので、野菜の漬物などと同じ発酵食品。

発酵の過程で増殖した乳酸菌が、お腹の調子を整えてくれます。

②美味しく食べてダイエット効果

レモンの酸味成分であるクエン酸には、糖質の代謝を活発にして効率よくエネルギーに変換してくれる効果があります。

また、酸味や塩味によって唾液の分泌が促進されます。
唾液中には、糖質を分解する消化酵素が含まれており、消化がスムーズに行われます。

そのほか、塩分の摂取量を控えられることによるむくみの解消、レモンの香り成分によるリラックス効果や食べ過ぎ予防の効果があり、ダイエットに効果的です。

③ビタミンC&若返りホルモンによる美肌効果

レモンに含まれるビタミンCには、肌のハリ・ツヤを保つコラーゲンを合成したり、抗酸化作用によるシミやくすみの予防に役立つ美肌効果があります。

また、前述のとおり酸味と塩味により唾液が分泌することで、若返りホルモンと呼ばれる「パロチン」が分泌されるようになります。

若返りホルモン「パロチン」については、『お金をかけずにキレイになれる!良いことづくめの”お風呂で歯磨き”を習慣にしよう』という記事の中で詳しくご紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

材料2つで超簡単!レモン1個からできる塩レモンの作り方

塩とレモンがあれば、ご家庭でも簡単に塩レモンを作ることができます。
レモン1個からできますので、ぜひ一度試してみてください。

塩レモンを作る前に

■レモンは国産・ノーワックスのものを使う
レモンは皮ごと使用するので、ワックスがけや防腐処理がされていない国産品を選ぶと安心です。

ワックスがかかったものを使う場合は、切る前に良く洗う、熱湯で煮るなどしてワックスをしっかり落とします。

■保存容器は清潔な状態にしておく
保存に使う容器は、必ずきれいに洗って10分ほど煮沸消毒しておきましょう。
煮沸が面倒な方は、洗って乾燥させた後にアルコール消毒でもOK。

また、蓋が金属製の容器を使用する場合には、そのままだと参加してしまうため、ラップをあてるようにしてください。

塩レモンの作り方

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:簡単☆塩レモン☆モロッコの万能調味料

材料

・レモン 1個
・粗塩 25g
・保存容器

作り方

1.レモンは洗って水気を拭いておく。
2.レモンの両端を切り落とし、くし形に8等分する。

3.レモン→塩を交互に3回、容器に入れていく。
この時、必ず上に塩がかかるようにする。
塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC

4.きっちり詰めて、しっかり蓋をして常温で保存。

5.1日経つと水分が上がってくるので、毎日容器を振る。
塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC

6.約1ヶ月で完成!

塩レモンの保存期間
塩レモンは、塩漬けにしているので長期保存が可能なため、節約にも効果的。
梅干しと同じように数年間の保存が可能で、年数が経過するほど味がまろやかになるそうです。
ただし、長期保存をするためには塩分濃度を高くする必要があります。

今すぐ使いたい時に!時短バージョン

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:裏ワザ 超スピード!3時間で簡単塩レモン

材料

・オーガニックレモン(またはワックスがけされていないもの) 1個
・砂糖 小さじ2
・粗塩やシーソルトなど 小さじ1
・保存容器

作り方

1.保存容器とレモンをきれいに洗っておく。

2.レモンを5mm大のみじん切りにする。
塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC

3.容器にレモンを半分入れ、砂糖と塩半量ずつ振り入れる。
残りのレモンを乗せ、その上に残りの砂糖と塩を振りかける。

4.蓋をして、上下に15秒ほど振る。
塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC

5.日光の当たらない場所で3時間置いて、完成。
このレシピでの保存期限は2週間とされています。

少ない材料でも美味しくキマる!塩レモンを使ったレシピまとめ

塩レモンは、アイディア次第で様々な料理に使うことができます。
少ない食材や調味料でも美味しく仕上がるので、節約レシピとしても役立ちますよ!

塩レモンドレッシング

爽やかな酸味と香りは、野菜との相性抜群。
色々な野菜で試してみたいですね。

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:楽天レシピ

材料

・塩レモン液 大さじ1/2
・白ワインビネガーまたは酢 大さじ1/2
・EXオリーブオイル 大さじ2
・コショウ 適量

作り方

ボウルにすべての材料を入れてよく混ぜ合わせ、水分と油分が合わさってトロリと乳化すれば完成。

塩レモン冷奴

塩レモンとオリーブオイルでいただく、ちょっぴり洋風な冷奴。
レモンの酸味が、食欲を増してくれます。

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:レシピブログ

材料 (二人分)

・絹ごし豆腐 1丁(300g)
・塩レモン スライス1枚
・オリーブオイル 適量
・粗挽きコショウ 少々
・醤油 適宜

作り方

1.豆腐は水切り後、4等分に切り分ける。
2.塩レモンは細かくみじん切りにする。
3.器に豆腐を盛り、塩レモン・オリーブオイル・粗挽きコショウをのせる。
4.お好みで醤油をかける。

塩レモンのクリームパスタ

レモンの風味が爽やかなパスタ。
難しいイメージのあるクリームパスタですが、こちらは少ない材料で簡単!
塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:E・recipe)

材料 (二人分)

・パスタ 160g
・塩 16g

<レモンクリームソース>
・塩レモンの皮 1/4個分
・生クリーム 120ml
・バター 大さじ2
・コショウ 少々
・粉チーズ大さじ2

<飾り用>
・イタリアンパセリ、塩レモンの皮 各適量

作り方
1.塩レモンの皮をさっと洗って水気を拭き、みじん切りにする。
2.スパゲティはたっぷりの湯に塩を加え、指定時間通りに茹でる。
3.フライパンに塩レモンクリームソースの材料を入れ、弱火で2分加熱。
4.茹で上がったスパゲッティと粉チーズを加えて絡め、器に盛る。

塩レモンクリームソースを応用しよう
このレシピの塩レモンクリームソースは、魚や鶏肉のソテー、じゃがいもなどともよく合います。
ぜひお好みの食材と合わせてみてくださいね。

塩レモン炒飯

食卓が華やかになる、カラフルな炒飯。
塩味はコンソメや塩で調整してくださいね。

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:さっぱり!塩レモンチャーハン

材料 (1人分)

・鶏もも肉 70g
・ピーマン 1/2個
・赤パプリカ 1/8個
・刻んだ塩レモン 大さじ1.5
・顆粒コンソメ 小さじ1/2
・ごはん 180g

作り方

1.鶏肉は一口大、ピーマン・パプリカ・玉ねぎはみじん切り。
2.フライパンに油(分量外)を熱し、鶏肉を炒める。
3.鶏肉に火が通ったら端に寄せ、野菜を炒める。
4.野菜にも火が通ったら鶏肉とひとまとめにし、塩レモンを加える。
5.コンソメ、ご飯を加えてサッと炒めて完成。

鶏胸肉ときのこの塩レモン焼き

鶏胸肉とたっぷりのきのこを使ったヘルシーな一品。
ダイエット中にもぴったりのレシピです。

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:【塩レモン】鶏胸とキノコの塩レモン焼き

材料

・鶏胸肉 300g
・オリーブオイル 大さじ1
・塩レモン(みじん切り) 大さじ1
・きのこ(しめじ・舞茸など) 1パック
・塩・コショウ 少々

作り方

1.フライパンにオリーブオイルを熱し、塩コショウした鶏胸肉を強火で焼く。
2.きのこを加え、中火でしっかり絡めながら焼く。
3.鶏胸肉に火が通ったら、塩レモンを絡めて完成。

豚肉ともやしの炒め物

節約食材のもやしを使った、家計に嬉しい一品。
水分を飛ばすために、強火で仕上げるのがコツ。

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC
(出典:塩レモン使って☆豚肉ともやしの炒めもの

材料

・豚肉 300g
・もやし 1パック
・塩レモン(みじん切り) 15g
・麺つゆ 大さじ3
・粗挽きコショウ・炒りごま 各適量

作り方

1.ボウルに豚肉を入れ、大さじ1の麺つゆと塩レモンを揉み込み30分寝かす。
2.フライパンを熱し、豚肉を炒める。
3.半分程度火が通ったら、もやしとコショウ、残りの麺つゆを加え強火で炒める。
4.器に盛り付け、炒りごまを散らして完成。

おわりに

塩レモン 作り方 レシピ 調味料 乳酸菌 ダイエット ビタミンC

ご紹介したほかにも、サイダーなどと割ってドリンクにしたり、カレーの隠し味などにしたりと、とにかく万能な調味料「塩レモン」。

応用範囲が広いだけでなく、保存期間が長いことや、身近な材料で作れることも、節約派の皆さんにとっては嬉しい点ではないでしょうか。

皆さんもぜひ塩レモンをご家庭で作って、食費の節約に役立ててくださいね!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet