デッドスペースを見直そう!お金をかけずに収納量が劇的UPする”突っ張り棒”活用術

この記事の所要時間: 656

はじめに

突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約

皆さんは、ご自宅に「収納場所がもっとあったら良いのに…」と感じたことはありませんか?

収納自体を増やすとなると、家具を買い足す・クローゼットを取り付けるなどの方法が思い浮かびますが、いずれもそれなりのお金がかかってしまうものですよね。

しかし、最近では100円ショップなどでも販売されている「突っ張り棒」を使えば、高いお金をかけずにご自宅の収納を手軽に増やすことができるのです!

突っ張り棒ってどんなもの?!

突っ張り棒とは、家具などに取り付けることが可能な伸縮・固定のできる棒のこと。

基本的に一本の棒がもう一本の筒状の棒に入った形状になっていて、内側の棒をネジのように回転させて伸縮させるタイプ(※参考1)と、外側の棒と垂直に付いた小さいネジを締めて内側の棒を固定するタイプ(※参考2)があります。

【※参考1】ニトリ 極太つっぱりポール(テンションポールゴクブト2 120ー200)
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約

【※参考2】ハイカム超極太ポール 小 HGP-75
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約

どの家庭にもきっとある、デッドスペースを有効活用しよう!

突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
デッドスペースとは、住宅用語で「家の中において利用するのが難しい空間」のことを指します。

壁や家具同士の隙間、クローゼットや押し入れの上部など、皆さんもご家庭を見渡してみれば、おそらくいくつか見つかるのではないかと思います。

チェックしてみよう!家庭のデッドスペース
・家具同士の隙間
・壁~壁、柱~壁の間
・ドアの開閉部分より上
・廊下や階段の天井に近い部分
・食器棚などの上部
・押し入れ・クローゼット・下駄箱などの中
・机やテーブルの下
・台所や洗面所のシンク下  など

こういったデッドスペースの有効活用には、突っ張り棒が最適!
棒を突っ張ることさえ可能であれば、ちょっとした隙間でも便利な収納場所に早変わりします。

突っ張り棒と天板で簡単!デッドスペースに収納棚を作ろう

突っ張り棒2本と、サイズの合う天板を用意すれば、何もない空間にあっという間に収納スペースが完成します。

うまくいけば、すべて100円ショップで材料を揃えることも可能!
まさに節約派の皆さんにぴったりの収納術と言えるでしょう。

①ワイヤーネットで作る

ワイヤーネットを天板にした収納棚です。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:el cielo azul

ワイヤーネットは結束バンドや針金などで固定すると安定しますが、あえて固定せずに天板ごと引き出して使うのも良いでしょう。

②木の板で作る

天板として木の板を乗せると、インテリアとしてのお洒落度もアップします。
上から見れば、突っ張り棒で作ったようには見えませんよね。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約 突っ張り棒@木の天板2
(出典:Hokkori Life

また、板の代わりに「すのこ」を使うのもおすすめ。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:部屋づくり シーズン2

【突っ張り棒活用例・1】 キッチン収納

本項からは、突っ張り棒を使った収納術の実用例をご紹介していきます。

以前、『多忙なワーキングマザーの家事効率が劇的UP!○○を変えるだけで時間も気持ちもゆとりが持てる』という記事の中でもお伝えしましたが、使い勝手の良い収納をすると作業効率が上がり、家事を行う時間の短縮につながります。

ぜひ実用例を参考に、皆さんにとって使いやすい収納を見つけてくださいね。

キッチンラックに

ワイヤーネットやバスケット、S字フックなどと組み合わせたキッチンラックは、自分の使いやすいようにレイアウトを自在に変えられるのが魅力的。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約 突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:アラフォーママの「手作りっていいね。」たまの手作り

キッチンペーパーを収納

梁の隙間やシンク下などに突っ張り棒を1本渡すだけで、目立たせずにキッチンペーパーを収納することができます。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約 突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:おそうじペコぽぽるのくらし

システムキッチンの引き出し収納

深さがあるシステムキッチンの引き出しにも、2本の突っ張り棒を渡らせてワイヤーネットを棚板にすれば、収納スペースの完成です。
突っ張り棒@システムキッチン 突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:住まいコンシェルジュのライフスタイル提案

【突っ張り棒活用例・2】 衣類の収納

衣類を一か所に詰め込みすぎると、取り出しにくくなるばかりか、シワの原因にも。

着たい服がすぐ見つからない・アイロンをかけなくては着られないなど、出かける前の時間が余分にかかってしまうことになりかねません。

突っ張り棒を活用したスッキリ収納なら、身支度の時間の短縮にもつながります。

クローゼットや押し入れのわずかな隙間に

クローゼットや押し入れのサイド部分にできたデットスペースに突っ張り棒を1本渡せば、シャツやネクタイなどをかけておくスペースが生まれます。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約

突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:片付けたくなる部屋作りちょこまか日記

家具と家具の間を利用する

壁に突っ張り棒を渡せない場合は、家具と家具の間に取り付けてみましょう。
好きな高さに設置できるので、子供部屋の衣類収納にも良いですね。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:しあわせのもと

【突っ張り棒活用例・3】 下駄箱の収納

衣類と同様、靴も一か所に詰め過ぎると型崩れや汚れの原因に。
下駄箱の中も突っ張り棒を活用して、上手に収納しましょう。

突っ張り棒2本で棚を増やす

2本の突っ張り棒を上下に少しずらして取り付けると、ヒールのある靴でもすっきり置ける棚を1段増やすことができます。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約 突っ張り棒@下駄箱2
(出典:smile! Happy! Sweet home!)

突っ張り棒1本で、ヒール靴の収納を2倍に

靴の片方は床に、もう片方はヒールを突っ張り棒に引っかけるようにすると、1足分のスペースに2足の靴を収納することができます。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約 突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約 突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:わたし日和~気分しだい

【突っ張り棒活用例・4】 サニタリールーム

トイレや洗面所などのサニタリールームも、デットスペースが多い場所。
突っ張り棒を上手に活用すれば、収納量が増えるだけでなく使い勝手も良くなります。

洗面台下の小さな収納をムダなく使う!

洗面台の下の小さな収納は、洗剤などのストック置き場にしている方が多いのでは?
収納量が増えれば、特売時にまとめ買いしても置き場所に困ることがありません。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約 突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:lifehackerかえる日和。

突っ張り棒1本でできるトイレットペーパー収納

トイレの壁に近いところに突っ張り棒を1本渡すだけで、トイレットペーパーの収納場所に!
できるだけ費用や手間をかけたくない方にもおすすめです。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:LTTF2068

洗濯機上のスペースを利用する

直接バスケットを引っかけて、タオルなどの収納に。
突っ張り棒を上下斜めになるように設置することで、中身が取り出しやすくなります。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:つっぱり棒が活躍!洗面所でのタオル収納方法

【突っ張り棒活用例・5】 こんな場所でも大活躍!

アイディア次第で、様々な使い方ができる突っ張り棒。
ほかにもこんな場所で使うことができます。

ドアの上部

ドアの開閉部分より上の空間を利用しています。
収納場所としてはもちろん、人目につく場所ならインテリアグッズを飾ってもいいですね。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:.。o○ぷくぷく雲とまんまる太陽○o。.

テーブル・机の下

テーブルや机の天板の裏に突っ張り棒を渡す方法です。

収納PCデスク周りの配線などをまとめたり、ダイニングテーブルではティッシュなど良く使うものを入れておくと散らからず、見た目もすっきりしますね。
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約

突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:100yen*zakka* い い こ こ ち *

車の中

運転席の上部に突っ張り棒2本とワイヤーネットを取り付ければ、地図やパンフレットを入れておける収納場所に!
突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約
(出典:ジュニアのある生活

おわりに

突っ張り棒 収納 デッドスペース アイディア 節約

「時は金なり」ということわざがありますね。
家中がすっきりと片付いていることで、掃除や調理などを効率よく行うことができるので、空いた時間を有効に使うことができます。

突っ張り棒を使った収納術なら、最小限の出費でご家庭の収納量を増やすことができますので、節約派の皆さんにもおすすめです。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet