毎日の光熱費削減!節約できる!お米の購入~「ごちそうさま」まで

この記事の所要時間: 145

はじめに

節約 光熱費 電気代 水道代 お米 選び方 無洗米 圧力鍋 冷凍 時短

毎日、ご飯を炊く人は多いですよね。ここで節約できたら、毎日のことなので節約効果はかなりあります。お米の質は下げたくない人も安心してください。そのままの質で節約できます。
では、どうやって「ご飯」で節約するのでしょうか?

お米の選び方にもコツがあります

節約 光熱費 電気代 水道代 お米 選び方 無洗米 圧力鍋 冷凍 時短

炊くお米は、「無洗米」がオススメです。無洗米は、あらかじめヌカを取り除いてあるお米のことです。つまり、お米を研ぐ必要がありません。楽ができて、しかも便利なお米です。
無洗米を選ぶと、研ぐときに使っていた水道代を削減できます。

節約便利アイテム・圧力鍋を使おう

節約 光熱費 電気代 水道代 お米 選び方 無洗米 圧力鍋 冷凍 時短

ご飯を炊く道具にも節約ポイントがあります。炊飯器を使っている人が多いと思いますが、節約観点から見ると、「圧力鍋」がオススメです。圧力鍋の魅力は、なんといっても加熱時間が短いことです。
時短ができて、しかも炊飯器よりも圧力鍋の方が、光熱費が安く済みます。

保温ナシでも、おいしいご飯

節約 光熱費 電気代 水道代 お米 選び方 無洗米 圧力鍋 冷凍 時短
圧力鍋のデメリットは、保温ができないことです。もちろん、節約のためとはいっても、冷たいご飯は食べたくはありません。保温ナシでも、おいしくご飯を食べる方法を紹介します。

それは、炊いてすぐに冷凍保存すること。ご飯は、冷めるとおいしくなくなるものです。それを解決するためには、余りのご飯をアツアツのうちにラップに包んで冷凍します。食べるときに電子レンジでチンするだけで、おいしいホカホカご飯の完成です。

この冷凍ご飯、炊飯器で保温したご飯よりおいしいです。しかも、保温の電気代が不要。一石二鳥の節約テクニックです。

おわりに

節約 光熱費 電気代 水道代 お米 選び方 無洗米 圧力鍋 冷凍 時短

なんとなく、お米を研いで、炊飯器でご飯を炊いている人が多いですが、よく考えると、そこにも節約の余地があります。
毎日できる節約なので、続けると大きな効果が表れます。

このほかにも水道代を節約する方法をご紹介しています。興味のある方は、あわせてご覧くださいね。
■水道代を絶対的に節約する方法
■お米のとぎ汁はこんなに活用できる!|水道代を節約する7つの方法

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet