【iPhone版】Dr.Walletで支出を口座振替にする方法

この記事の所要時間: 120

ios_guide_title_banner

はじめに

たとえば、口座連携でクレジットカードと銀行を登録していて、個々の買い物の支出がクレジットカードの明細から登録され、さらにクレジットカード利用額が銀行から引き落とされる場合、二重で家計簿に登録されてしまいます。

クレジットカード明細:昼食(400円)、交通費(500円)
銀行明細:クレジットカード引き落とし(900円)
二重で支出が登録されてしまう!

そんな時にこの機能を利用することで問題を解消することができます。

支出を口座振替にする

この赤で囲った支出を口座振替に変更します。
この支出は実はクレジットカードの引き落としで、本来は支出ではなく口座振替(銀行→カード)になるべきです。

口座振替って何?
口座振替は自身の口座から自身の口座へとお金を移動する処理になります。
例えば、銀行から現金(ATM引き出し)、現金から銀行(ATM預け入れ)、現金から電子マネー(チャージ)、現金からクレジットカード(利用額支払い)などです。
口座振替は支出額にカウントしません。

該当する収入/支出の詳細を表示し、編集をタップします。

編集画面が表示されるので、振替をタップします。

振込先をタップします。

今回の場合は移動先口座としてカードを選択し、完了をタップます。
変更されました!

口座振替を通常の収入/支出に変更する

該当する口座振替の詳細を表示し、編集をタップします。

収入もしくは支出をタップします。
これ以降は口座振替に変更する場合と同じ手順になります。

カテゴリー

Dr.Wallet公式ガイド

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet