これで完璧!クレカとデビカを使い分けてカードの達人になる

この記事の所要時間: 844

はじめに

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント
みなさんはカードをお持ちですか?
クレジットカード、デビットカード、電子マネー、ポイントカード…様々な種類がありますが、どのように使い分けていますか?

今回は、カードの中でも混同しがちなクレジットカードとデビットカードについて、その違いと特長を詳しく見ていきましょう。

どう違う?クレジットカードとデビットカード

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント
どちらも現金なしでお買い物ができる、クレジットカードとデビットカード。
最大の違いは、買い物代金の引き落とし方法です。

クレジットカードで買い物をした場合は、支払い回数を選び、指定の金融機関から後日商品代金が引き落としされますが、デビットカードの場合はその場で即座に指定の金融機関から代金が引き落としされます。このため、口座に残高がない場合はデビットカードでの買い物はできません。

その他にも、利用前の審査の有無や、支払い回数の選択なども異なります。下の表をご覧ください。

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント

給料日前で口座にお金が入っていないけれど、どうしても買いたいものがある場合はクレジットカードで、無駄遣いを防いで通帳を家計簿代わりに使いたい場合はデビットカードでと、使い分けてもよいでしょう。

では、それぞれの特長を見ながら、使いこなしのポイントをご紹介します。

クレジットカードを使いこなす!

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント
クレジットカードは、その種類とサービスの豊富さが特徴です。
今や常識ともいえるポイントサービスの他、盗難保険・旅行損害保険や、カードの種類ごとに用意されている様々なショップやホテルなどで利用できる割引特典も大きな魅力です。

そして、カードを正しく利用をすることで社会的信用度が増す、ということが、実は最大のメリットと言えるかもしれません。

クレジットカードの種類について知ろう

様々な企業から発行されているクレジットカード。大きく分けると、以下の3種類に分類できます。

●銀行系クレジットカード
ATMの利用手数料や住宅ローンの金利が優遇されたりなど、銀行と連携したサービスが受けられます。メインバンクのものを1枚持っておくと便利です。

●流通・メーカー系カード
航空・石油系・流通系などの会社が発行しているクレジットカード。
航空会社系ならマイル、石油系ならガソリンの割引、コンビニ系ならポイントや商品の割引など、系列の会社でカードを利用する際に様々な特典を受けられます。

●消費者金融系クレジットカード
発行スピードが速く、お金に困っている人の味方。キャッシングの返済にコンビニATMを利用できます。
ポイントや保険などのサービスはつかないことが多いため、お買い物をメインに利用したい方にはお得感が薄いでしょう。

クレジットカードでポイントを稼ごう

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント
クレジットカードのポイントをあなどってはいけません。チリも積もれば…で、しっかり貯めればそれなりの額になります。
では、効率良くポイントを稼ぐためにはどうしたら良いのでしょうか?

1)入会特典で稼ぐ

新規でクレジットカードを作る場合は、入会特典を利用しましょう。

例えば、楽天カードでは入会+利用で5000円分以上の楽天ポイントが全員もれなく貰えるキャンペーン中です。
三井住友VISAカードでは、新規入会などで漏れなく最大7000円分のギフトカードなどが貰えます(2014年12月まで)。
ANA VISA Suicaカードでは、入会で最大21,000マイル相当をプレゼント中です。

上記のほかにも、各社とも豪華な入会特典がいっぱい!まずは複数の入会特典を比較して、最もお得な会社を選びましょう。

2)1枚集中で稼ぐ

どんなにたくさんの買い物をしても、複数のカードを利用していては貯まるはずのポイントもなかなか貯まりません。
ショッピングで利用するカードはこれ、と1枚に決めることで、効率よくポイントを貯めることができます。

3)定期的な利用で稼ぐ

電気・ガス・水道などの公共料金や、ETC利用料金、国民年金、自動車保険(一部地域のみ)などはカードでの支払いを選ぶことで、毎月定期的にポイントを稼ぐことができます。
また、石油系カードならガソリン、銀行系カードなら住宅ローンや積立貯金などでもポイントの獲得につながります。

4)電子マネーとの合わせ技で稼ぐ

WAONnanacoSuicaなどの電子マネーは、指定のカードを利用してチャージすることで、チャージ時と買い物時の2回、ポイントが付きます。まさにポイントの2重取りですね。

例えばWAONの場合は「JMB WAONカード」でチャージすれば1%、Suicaの場合は「ビュー・スイカカード」でチャージすれば1.5%分のポイントが付きます。

クレジットカードの使い過ぎを防ぐには

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント

クレジットカードは現金なしで買い物ができるため、ついつい使過ぎてしまいがち。一括払い以外には手数料や利息がかかるということを頭において、自己管理することが重要です。

1)リボ払いは使わない

毎月の支払額を一定にするリボルディング払い(リボ払い)の金利は約15%。
20万円の買い物を1万円のリボ払いにすると、支払い回数24回、利息だけでなんと合計31,581円もの支出になります。
月々の支払いが一定であるというお手軽さに惑わされず、なるべく早く支払いを済ませ、無駄な利息を払わないよう気を付けましょう。

2)買い物後は即入金!

買い物をしたら、すぐに銀行口座に入金するという癖をつけましょう。お金を使ったという実感がわき、衝動買いを抑えることができます。

デビットカードを使いこなす!

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント
クレジットカードに比べると普及率が低いデビットカード。だからこそいち早く魅力を理解し、使いこなせたらお得ですね。どのような使い方ができるのか、見てみましょう。

デビットカードの種類を知る

現在デビットカードには大きくわけて2種類あります。
ひとつは金融機関のキャッシュカードがそのまま使える「Jデビット」
店頭でキャッシュカードを渡して、ATMでの現金引き出し同様の暗証番号を入力するだけです。

もうひとつが最近利用者増加中の「VISAデビット」。こちらは、事前に銀行口座を開設して入会手続きが必要です。
クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント

J-Debit
Visaデビットカード

デビットカードのメリットを知る

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント
注目したいのは、これまでクレジットカードに比べると見劣りしていた特典が充実してきたこと。
これでデビットカード利用にも即時決済以外に実質的なメリットが生まれて、ますます利用者が増加していきそうです。

例えば、三菱東京UFJ-VISAデビットでは、年間利用額に応じて0.2~0.7%(2015年3月末までのキャンペーン)の現金還元

またりそな銀行のVisaデビットカードは、0.5%のポイントとして還元。
WAONnanacoSuicaなどの電子マネーや、Tポイント、高島屋、JAL、ドコモなどの企業ポイントなどと交換できます。

Jデビットのみずほ銀行では、対象店舗での利用額の0.5%がキャッシュバックされます。

また、VISAデビットは、海外のATMで自分の口座から直接外貨を引き出すことができます。海外旅行の際にはとても便利ですね。

デビットカードの利用で気を付けたい事は

便利なことばかりに見えるデビットカード、気を付けるべきことは何でしょうか?

1)取扱い店が少ない

デビットカードは、国内での取扱い店がクレジットカードに比べ、まだまだ少ないのが現状です。
また、「J-デビット」「VISAデビット」の違いをしっかり把握していないと、思いがけず違うサービスでの支払いになっていた、というケースもあるようです。
「VISAデビット」を間違えて「Jデビット」で支払ってしまった場合は、残念ながらポイントやキャッシュバックなどの特典がつきませんので注意しましょう。

2)利用日時に制限がある

カードの種類によっては、年末年始やゴールデンウィークに利用できなかったり、夜間の利用ができなかったりと、制限があります。
お買い物後にデビットカードが利用できなかった!ということにならないように、あらかじめお使いのデビットカードの利用可能時間を把握しておきましょう。

3)盗難に遭った場合のリスクが大きい

デビットカードは銀行口座と直結しているため、悪用された場合は銀行口座そのものが危ないということになります。
クレジットカードの場合は、間にクレジットカード会社が入っているため、盗難に遭った品物の代金を払う必要がありません。しかしデビットカードで悪用された場合、銀行が調査し解決するまで、お金は帰ってきません。

4)子どもでも利用できる

J-デビットは通帳さえあれば年齢に関係なく利用でき、VISAデビットは種類にもよりますが15歳から利用できます。使い方に気を付けさえすれば便利ですが、お子様が使う際には十分な注意が必要です。

おわりに

クレジットカード デビットカード 比較 特長 お得 ポイント

いかがでしたか?
それぞれのメリット・デメリットを見極めて、ご自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが大切です。
また、ご利用するシーンごとに使い分けると、より便利ですね。
クレジットカードとデビットカード、賢く使い分けて節約生活にお役立て下さい!

この記事で紹介した情報は、平成26年10月現在のものです。変更になっている可能性もございますので、ご利用される場合は再度確認することをお勧めします。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet