無駄遣いにサヨナラ!賢く食費を減らす、納得の超節約買い物術

この記事の所要時間: 413

はじめに

食費 節約 買い物 まとめ買い 空腹時 無駄遣い
食費は家計の支出の中でも大きな金額を占めています。毎日の生活に欠かせないものですが、最も手軽に節約できるところでもありますね。

そこで今回は、食材を買うときにちょっと気を付けるだけで、無駄遣いにサヨナラできる納得の節約術を紹介します。

買い物前に冷蔵庫の中身をチェック

食費 節約 買い物 まとめ買い 空腹時 無駄遣い
単に安いという理由だけで無計画に食材を買って冷蔵庫に詰め込んでいませんか?
使い道が定まっていない食材は、腐らせてしまったり、気付かぬ間に賞味期限が切れていたり…なんてことになりがちです。これは勿体ないですね。

まずは、買い物に出かける前に冷蔵庫の中身をチェックして、冷蔵庫にあるものを最低でも1つ使った献立を考えましょう。

たとえば、ひき肉が少量残っていたとしたら「お豆腐を買い足して麻婆豆腐にしよう」「かぼちゃを買ってそぼろあんかけにしよう」などなど。
冷蔵庫の在庫プラス1品で作れる献立を考えれば、効率よく食材を使い切っていけるはずです。

食材はまとめ買いでお得

食費 節約 買い物 まとめ買い 空腹時 無駄遣い

業務用スーパーなどで販売されている食材は量も多く、金額も比較的安いです。
缶詰や乾物などの保存に適した食材や、冷凍保存に適した生鮮食品を買うと良いでしょう。

例えば、お惣菜の鳥のむね肉は、1食300円くらいします。ところが、1キロをまとめ買いして調理すると、1食50円ほどで作ることができます。これを冷凍して月に4回食べるとすると、1ヵ月で1,000円節約することができます。

また、野菜はカットされたものを買うよりも、まるごと1個を買ったほうが日持ちも良く安いのでお得です。
野菜を保存する方法についてはこちらの記事でご紹介していますので、興味のある方は、ご覧くださいね。

空腹時の買い物はNO!

食費 節約 買い物 まとめ買い 空腹時 無駄遣い

お腹がすいているときは、何でもおいしそうに見えてきて、ついつい不要なものまで買ってしまいがちです。これは防げる無駄遣いですね。

空腹時に買い物をすると、高カロリーな食べ物を選んでしまうという調査結果が、米コーネル大学フード・アンド・ブランド研究所のブライアン・ワンシンク氏によって発表されています。
空腹時の買物は無駄遣いを促すだけでなく、健康にも被害を及ぼす可能性があるというわけです。

どうしてもお腹が空いている時に買い物に行かなければならない時は、キャラメルやチョコレートを1粒口にするだけでも効果があるかもしれませんよ。

まずは売場を1周

食費 節約 買い物 まとめ買い 空腹時 無駄遣い
スーパーの入り口付近には、だいたい野菜売り場がありますね。これは「スーパーマーケットの心理学」に基づいているからです。

カラフルな野菜や果物を始めにお客様に見てもらうことで、購買意欲を高めることが理由の一つ。けれども、一番の理由は、お肉やお魚など、高額なものを先にかごに入れた場合、野菜を買い控える傾向があるということなのです。

まずは何もかごに入れずに売場を1周して、その日の特売品などを見てみましょう。
そして、あらかじめ決めておいた今日のおかずにプラスして、必要な物を買い、最後に野菜コーナーに戻って、野菜や果物などを買うと良いでしょう。

レジを通す前にもう一度チェック

食費 節約 買い物 まとめ買い 空腹時 無駄遣い
あらかじめ買うものを決めておけば、おおよその予算を決めておくことができますね。商品をかごに入れるごとに計算して、予算オーバーにならないように気を付けましょう。

また、レジに並ぶ前にかごの中身をチェックします。余計なものを買っていないか、また買い忘れたものがないかを確認することが大事です。

おわりに

食費 節約 買い物 まとめ買い 空腹時 無駄遣い

ストレス発散のために買物をするとすっきりする、という方もいらっしゃるでしょう。けれども、日常生活の満足度が低い状態では、むしろ買い物がストレスの要因になってしまうと、米ハフィントンポストの独自調査で発表されています。

冷静に計画を立てて買い物をするということが、節約につながるだけでなく、ストレスを防ぐ可能性もあるということは興味深い話ですね。

賢い買い物術を身に付けて、無理なく食費を減らすことで、日々の生活に満足感を得られることでしょう。そうすれば更に買い物を楽しむことができそうですね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet