注目の助成金!お住まいの地域のお得&おもしろ行政サービスを探そう

この記事の所要時間: 43

はじめに

行政サービス 地方自治体 サービス 助成金 おもしろい お得

自分の住んでいる街、どのような行政サービスを行っているか知っていますか?税金の使い道である行政サービスというと、道路・下水道整備・清掃・消防・教育や福祉などが思い当たるかもしれませんね。

でも、これらどの自治体にも共通するサービス以外にも、各市町村にはその地域に合わせた独特なサービスが行われています。知っていればお得かもしれない、そんなサービスを見てみましょう。

東京都内の充実サービスは結婚祝い&育児サービス

行政サービス 地方自治体 サービス 助成金 おもしろい お得

日本一リッチな行政機関である東京は、区によって行政が分かれています。
住民の減少と少子化に合わせ、保育・教育・マイホームに対するサービスなどが充実しているようです。

中央区では、妊娠したらタクシー利用券1万円分、出産祝いには区内共通買い物券3万円の支給があります。
■中央区:出産支援祝品(タクシー利用券)
■中央区:新生児誕生祝品(区内共通買物券)の支給

台東区では、マイホーム取得支援制度があり、募集枠に制限はありますが、50万円の助成があるそうです。
■台東区:マイホーム取得支援制度

少子化・核家族・単身者に合わせた区の取り組み

行政サービス 地方自治体 サービス 助成金 おもしろい お得

保育、教育の助成が多いのが渋谷区。世帯年収800万円の共働き夫婦に子供2人、という世帯を例に取ると、最も保育料の高い自治体と比較して、月額3万円も安くなっているそうです。3歳から6歳までの年数を考慮すると、かなりお得なサービスですね。

また無料の子育て支援施設も各区で行っており、荒川区の「あらかわキッズコール24」では、24時間年中無休で、専任の医療スタッフによる子育て相談サービスを行っています。
■あらかわキッズコール24

そして、新宿区では、18~28歳までの単身者を対象に、抽選に当選すれば、月額1万円を最長5年間受け取れる家賃補助も。これは家賃9万円以下が条件になります。
■新宿区:民間賃貸住宅家賃助成

東京近郊の首都圏は環境に対する取り組みも

行政サービス 地方自治体 サービス 助成金 おもしろい お得

横浜市では、民有地緑化の助成制度があります。
1平米に付き2万円、最大100万円が支給されます。花や野菜を育ててガーデニングを楽しみながら、助成金をもらえるなんてうらやましいですね。
■横浜市環境創造局:民有地緑化助成制度

また同市では、電動式コンポストと呼ばれる家庭用生ゴミ処理機を購入すると、購入金額の半額(購入額が2万円を超えた場合は一律1万円)が支給されるそうです。
■電気式生ごみ処理機の購入助成

負けてはいない!その他のリッチな地方自治体

愛知県飛鳥村

行政サービス 地方自治体 サービス 助成金 おもしろい お得

ここでは、子ども医療費を18歳まで無料化。また、中学2年生の希望者全員に、夏休みを利用して、アメリカの姉妹都市への派遣事業を全額負担するサービスがあるそうです。
■愛知県飛鳥村:子ども医療

さらに、高齢者への助成として、90歳を迎えると20万円、95歳で50万円、100歳で100万円が支給されます。比較的借金の少ない堅実な財政使いをしてきたこの地方自治体では、村の活性化として住民への配慮が行き届いています。
■愛知県飛鳥村:長寿奉祝金

ちょっと他にはない?おもしろ助成金

行政サービス 地方自治体 サービス 助成金 おもしろい お得

新潟県糸魚川市

ここでは結婚サービス大手の「ツヴァイ」と契約し、入会すると初期費用6万1884円のうち、41,256円を市が負担する、婚活支援を行っています。また日帰り旅行、食事会など結婚セミナーを開催する団体にも事業費の一部を補助するようです。
■糸魚川市:結婚相談所入会支援事業

広島県神石郡神石高原町

結婚し、定住する夫婦の仲人をつとめると、こうげん通貨10万円相当額が支給されるそうです。
過疎化阻止の対策のようですが、若者ではなく、地元に根付いた中高年層を対象にしているのがおもしろいですね。
■広島県神石郡神石高原町:結婚仲人報奨金支給事業

長野県川上村

この村では赤字民営バスを村営化して、黒字に成功しています。また、24時間オープン図書館、村営の「ヘルシーパーク」、「針灸診療所」、多目的ホールなど住民一体型の助成が充実しているようです。

おわりに

行政サービス 地方自治体 サービス 助成金 おもしろい お得

生まれたときから住んでいる土地、引っ越してきた土地、学業や仕事で一時的に住んでいる土地…。住んでいるところには様々な理由がありますが、その土地でどんなサービスが行われているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

各地方自治体はその土地のため、住民のため税金の使い道を試行錯誤しています。もしかするとあなたの住んでいる自治体でも、びっくりするようなお得な情報があるかもしれませんよ。ぜひ、調べてみてくださいね。

こちらで掲載した情報は、すべて平成26年9月現在のものです。
予告なく変更される場合がございますので、各自治体のホームページをご確認ください。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet