素肌美人は節約上手!?少ない美容代でも美しくなれるコツは、毎日の「スキンケア」にあり!

この記事の所要時間: 339

はじめに

美容 スキンケア クレンジング メイク落とし 素肌 節約 

気候の変化によるカサつきや、加齢とともに失われる透明感やハリ。
肌の悩みは人それぞれですが、それらを隠そうとして、ついつい厚化粧になりがちではないですか?

厚化粧になればなるほど、使用するコスメの量や種類も多くなるので、そのぶんお金がかかりるばかりか、肌にかかる負担によってかえって肌悩みを増やしてしまうことにもなりかねません。

また、肌悩みを解決するために、高価な化粧品を購入しているという方もいらっしゃると思います。

美容代を節約するために最も大切なのは、素肌本来の美しさを保つこと。

今回は、特別な美容グッズも高いお金も使わずに素肌美人になるためのスキンケア方法をご紹介します。

くすみ撃退!メイク落としでアンチエイジング

美容 スキンケア クレンジング メイク落とし 素肌 節約 

高価な商品が多いアンチエイジング化粧品ですが、これは開発費用や配合されている美容成分によるもの。

しかし、アンチエイジング世代の肌悩みのひとつである「くすみ」は、日々の汚れ落としが不十分であることに原因が多いと言われています。

アンチエイジングに効果的なクレンジングのコツ

①クレンジング剤はたっぷりと
クレンジング剤の量が少ないと、摩擦により素肌を傷めてしまいます。
1回に使う量は500円玉大を目安にしてください。

②5本の指を使う
5本の指を使って円を描くように、メイクとクレンジング剤を優しくなじませていきます。

③ポイントメイクにはコットン
目元や口元のポイントメイクは、クレンジング剤を含ませたコットンでオフ。
擦りすぎないことで、気になる小ジワを防ぎます。

④すすぎはぬるま湯で
すすぎは体温より低いぬるま湯で、お湯だけが肌にかかるようなイメージで行います。
肌の油分を必要以上に奪う熱いお湯は、乾燥やシワの原因になります。

少量でふわふわ泡!洗顔料は「ネット泡立て」がおすすめ

美容 スキンケア クレンジング メイク落とし 素肌 節約 

肌に負担をかけないためにも、洗顔料はしっかり泡立ててから使いましょう。

おすすめは、ネットを使った泡立て
最近は100円ショップなどでも専用のネットが売られていますし、後ほど詳しくお話しますがご家庭にあるものでも代用することが可能です。

手で泡立てるよりも少量の洗顔料で済むうえに素早く泡立てることができるので、洗顔料も時間も節約することができますし、キメの細かいふわふわの泡ができるので素肌に負担がかかりません。

洗顔用ネットに代用できるキッチン用品3つ

①ラップ
ラップに洗顔料を出して泡立てると、泡立てネットよりもっちりとした泡に仕上がるそうです。

②キッチンスポンジ
粉タイプの洗顔料であれば、実は洗顔ネットよりもスポンジの方がおすすめ!

半分に切った方が使いやすく、コスパもよくなります。

③排水溝用ゴミ取りネット

net_5
(出典:素肌レシピ

一袋にたくさんの量が入っているので、こちらも経済的でおすすめの方法。

網目の細かいものを使うと、よりキメ細かい泡を作ることができます。

化粧ノリを良くして、コスメ代も時間も節約!

美容 スキンケア クレンジング メイク落とし 素肌 節約 

メイク前に、顔を蒸しタオルで覆うと血行が良くなり、その後冷水で洗顔すると毛穴が引き締まるので、いつもより化粧ノリが良くなります。

化粧ノリが良くなると薄化粧で済むため、コスメ代の節約にもメイク時間の短縮にもなりますよ!

レンジで簡単!蒸しタオルの作り方

  1. タオルを縦半分に折り、おしぼりのような形に丸める。
  2. 水につけ、水滴が垂れないように絞る。
  3. 500Wのレンジで1分ほど加熱する。

レンジ内の匂いなどが気になる場合は、ラップで包んだりビニール袋に入れると良いでしょう。

<注意すること>
レンジから取り出す時や肌にのせる際には、火傷に注意してください。
特にラップやビニールを使用した場合には熱くなりやすいので、しっかり水気を絞りましょう。

おわりに

美容 スキンケア クレンジング メイク落とし 素肌 節約 

いかがでしたか?

素肌を美しく保つことで、コスメ代の節約やメイク時間の短縮になるほか、肌悩みが解決することによってメイクをより楽しめるようになるのではないでしょうか。

そのためには日々のスキンケアをしっかり行うことが大切。

皆さんも毎日の中に、是非ご紹介したスキンケア方法を取り入れてみてくださいね!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet