お金が貯まる生活!あなたの無駄な出費を抑える4つの方法を大紹介!!

この記事の所要時間: 325

はじめに

お金 2

皆さんは、賢いお金の使い方をしていますか?

ついつい無駄遣いしちゃった…なんて、そんな日が続いてしまっていませんか?

本記事では、賢いお金の使い方をご紹介します。

昔とは違い、今は年齢と共に収入も右肩上がりになるとは限らない世の中です。

将来の事を考えて貯蓄するためにも、お金は賢く使って無駄な出費は抑えたいものです。

その方法について、本記事でお伝えしていきたいと思います。

1. はじめの一歩!固定支出を見直そう!

お金 4

お金を貯めるには、支出を抑えなければなりません。

支出の内容は2種類あります。

毎月支払い額がきっちり決まっている“固定支出”と、月に応じて支払い額が変わる“流動支出”です。

よくあるお給料日前の節約術というのは、食費や光熱費などの流動支出を切り詰める方法。

しかし、流動支出にばかり目がいっては安定した効果は見込めません。

裏を返せば固定支出は、カットしない限りあなたから永遠にお金を搾取し続けるものだといえます。

固定支出から優先的にカットができないか検討することが先決です。

ケチケチ節約するよりも、固定支出を見直すことが早道!

2. 次は食費の予算を決めましょう!

お金 予算

1ヶ月の食費を5週間で割り、1週間で食費をいくら使えるのか決めておけば、無駄遣いが減らせます。

例として月の食費が30,000円だとしたら、それを5週間で割って1週間では6,000円が予算、ということになります。

「これ以上は使えない」と思っていれば、ついついお菓子を買っちゃった、安かったから買い置きしておこうと余剰に使うことを防ぐことができます。

1週間の食費予算を決め、余剰に使うことを防ぎましょう。

3. 意外なことが節約につながる!それは整理整頓!

お金 整理

整理整頓」をすると、あとで大きな節約を生み出します。

例えば、冷蔵庫。

整理整頓さえできていれば、ぱっと取り出して閉めるだけです。

しかし、整理整頓ができていないと、必要だと思って購入したのに、実は同じようなものや、ひどい場合には全く同じものが家にあった…なんてことを防ぐことができます。

整理整頓をして、持っているものを把握しておくということは、無駄な買い物をしないためには必要なことなのです。

冷蔵庫の電気代も節約できます。

整理整頓さえできていれば、ぱっと取り出して閉めるだけ。

「整理」された冷蔵庫は、十分な空間があるため、詰め込んだ場合と比べて、電気代が年間約960円も節約になるのです。

節約もできて、部屋も綺麗にできるなんて一石二鳥ですね!

4. 計画的な買い物を!衝動買いは止めましょう!

お金 衝動買い

当たり前の事ですが、お金は自分にとって大切なモノです。

しかし突如目の前に現れた魅力的な商品は、自分にとって本当に大切なモノなのでしょうか。

それともただの欲望だけなのか、わからなくなる事もあるでしょう。

そんな時は衝動買いをするのをやめて、一週間後に改めて考えてみましょう。

時間が経つと案外忘れてしまう事も多いですが、それでも諦めきれない場合は、何故欲しいのか理由を考えてみましょう。

そこで自分が納得できる理由があれば、きっと買っても後悔はしないと思います。

時にはそこまで考えて買いに行ったら、売り切れていたなんて事もあるかもしれません。

しかし、それはそれで縁がなかったと思うことにしましょう。

必要なモノであればまためぐり合えるので、その時は迷わず買いましょう。

こうした癖をつける事によって、無駄なモノを衝動買いしてしまう癖がなくなってきますよ。

おわりに

お金

お金の管理は自分の管理にもつながっています。

なので、節約には意志を強く持つことが一番です。

しかし突然気を締めすぎることは難しいかもしれませんね。

ゆっくり、自分のペースで節約を始めてみましょう!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet